1. HOME
  2. LIFE
  3. 環境で人は変わらない【成長に必要な考え方】
LIFE

環境で人は変わらない【成長に必要な考え方】

LIFE

・今回は、

「〇〇を学んで成長したいと思ってるけど、スクールとかに通ったほうがいいのかな」

といった疑問に答えていきます。


本記事の内容

  • 環境で人は変わらない
  • 環境に依存していませんか?

 この記事を書いている僕自身映画制作を始めて4年目になります。最近よく聞かれるのが映画制作をどこで習ったのか、誰から教わったのかといった質問です。しかし、僕自身映画制作のノウハウはほぼ独学で勉強してきました。映画を参考にしたり、本を読んだりyoutubeで調べたりといった具合です。

 今回は映画の勉強を通して学んだ事をベースに成長に必要な考え方を記事にしてみました。

✔︎環境で人は変わらない

 例えば、成績を上げたいとか〇〇について勉強したいと考えた時にどの塾に行こうとかどの大学、スクールに通おうと考えると思います。つまり、成長するための環境探しをほとんどの人がします。僕自身、以前は映画を勉強しに海外に行きたい!と考えていました。

 では、その環境に身をおいた人が全員成長したでしょうか。塾に行った全員が成績上がりますか?スクールに通えばその道のプロになれますか?当たり前ですがそんなことはありません。逆にそういった環境に身を置かずともいい結果を残す人だってたくさんいます。

 成長するために、何かを学ぶために必要なのは「環境」ではありません。「意欲」や「熱意」なのです。 

それをしたい、学びたいという意欲が強ければどこでも勉強できます。

 環境に身を置くな!スクール、塾なんていかなくていい!といっているわけではありません。意欲がある人が行けばさらなる成長につながると思います。ただ、環境に身をおけばなんとかなるという考えが問題です。

✔︎環境に依存していませんか?

 多くの人が自分はそんなことないという無自覚のうちに環境に身をおけばなんとかなると考えているのが現実です。そこで、以下の2つのことを思い返してみてください。

  • 自分自身でできることは全てやったか
  • 何をしにいくのか

 本、ネットなど情報はいくらでも手に入ります。環境に身を置く以前に調べたり勉強したり、自分自身でできることは全てやったか。そして、自分で勉強をした上で何をしにいくのかという明確な方向性を持っているかが大切です。

 成績をあげたいのであれば、自身で勉強をしたが数学のここの部分は苦手で、わかりやすく説明してもらった上で苦手を克服したい。映画を勉強したいのであれば、自身で勉強をした上で、実際の現場に近い形で映画制作を行いたい。など、問題意識と成長のビジョンを持つことです。

 以上環境で人は変わらない【成長に必要な考え方】でした。何度も言いますが、環境で人は変わりません。ダイエットで明日からすると言ってたら痩せないのと同じで、その環境にいったら勉強するでは成長にはつながりません。世界には勉強したくてもその環境がない。限りある本とペンで必死に勉強をしている子もいます。恵まれている僕たちは環境に頼りがちです。

 環境に身を置く前に今一度、自分の「意欲」に目を向けて見るのはどうでしょうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ