1. HOME
  2. BASIC
  3. 【映像制作の基礎中の基礎!】「見やすい映像」の作り方
BASIC

【映像制作の基礎中の基礎!】「見やすい映像」の作り方

BASIC, MOVIE MAKING

・今回は、

「映像、動画を作る上で一番気をつけなければいけない事ってなんだろう」

といった疑問に答えていきます。


本記事の内容

  • 「見やすい映像」とは?
  • なぜ「見やすい映像」を作ることが大切か
  • 「見やすい映像」の作り方

 この記事を書いている僕自身映画制作を始めて5年目になります。映像制作を始めた当初は僕自身、カメラワークや編集などのスキルをいかにあげるかをずっと考えていました。もちろん、そういった技術面も映像制作において大切です。しかし、一番の基礎は「見やすい映像」を作ることだと考えています。

 今回は僕の経験を通して学んだ「見やすい映像」の作り方を記事にしてみました。

✔︎「見やすい映像」とは?

 まず、「見やすい映像」とは何かと言う話ですが、映像作品を見る上で雑音が気なりすぎて作品に集中できなかったといった経験をしたことがあるかもしれません。雑音や手ブレ、画質などが見ている側に違和感を与えるのです。僕はそういった違和感を観客に与えない映像が「見やすい映像」だと考えています。

見やすい映像=違和感を与えない映像

✔︎なぜ「見やすい映像」を作ることが大切か

 ではなぜ「見やすい映像」を作ることが大切なのでしょうか。映像を見てもらう上で必要なのが、その作品にのめり込んでもらう、感情移入してもらうことです。しかし、先ほどから言っている違和感は観客を作品から引き離し、作品を見ているんだという客観的な姿勢にさせてしまうのです。

 映像制作を始めたばかりであれば、カメラワークや編集などの技術面における課題が多く見られるのは当然ですし、すぐに改善できるものではありません。作品制作や勉強を通して時間をかけて学んでいく必要があります。

 しかし、この「見やすい映像」を作るというのは技術力に関係なくできる部分でありながら、そこをクリアしなければいつまでたってもいい作品にはならないという映像制作における基礎中の基礎なのです。

✔︎「見やすい映像」の作り方

 「見やすい映像」を作るためには、自身で観客の気持ちになって作品を見返す事が大切です。作品作りに熱中していると映像の全貌やそのプロセスに目がいきがちです。一度、自身の映像を客観的に見返して見る。最初にこの映像を見たときにどう感じるか、気になる部分は無いだろうかといった具合です。

 自分で気づくのが難しい場合もあります。仲間や友人などに見せて、気になる部分が無いかきくのも一つの手だと思います。

 以上、「見やすい映像」の作り方でした。「見やすい映像」を作るんだということを頭に入れて進めるだけでもかなり良い作品になるのではないかと思います。

 この記事で挙げた違和感。手ブレや雑音などを軽減する方法については別の記事で詳しく扱おうと思いますのでそちらも参考にしてみてください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ