1. HOME
  2. BASIC
  3. 映画を作る上でのゴール【映画制作の手引き】
BASIC

映画を作る上でのゴール【映画制作の手引き】

BASIC, MOVIE MAKING

・今回は、

「映画を作る上でのゴールってなんだろう。どうすれば面白い映画は作ればいいんだろう。」

といった疑問に答えていきます。


本記事の内容

  • 映画を作る上でのゴール
  • 映画に入り込ませる
  • テーマが伝わる事

 この記事を書いている僕自身も映画制作を始めて5年目になります。自分自身まだ勉強中の身ですが、今回は映画を作る上で僕自身が大切にしている事。映画を作る上でのゴールというのをまとめてみました。 

✔︎映画を作る上でのゴール

 映画を作る上でのゴールは2つあります。

  • 映画に入り込ませる
  • テーマが伝わる事

 ゴールと書いていますが、これは映画を作る上で最低限達成するべきゴールです。素晴らしい映画を作るためのスタートともいえるでしょう。

 まずは、この2つを目指す事。そのあとに、経験や学習を通してより良い作品にしていくことが大切です。

✔︎映画に入り込ませる

 これは他の記事でも繰り返し言っている部分ですが、観客を映画に没頭させる。その映画の世界観に入り込ませ、感情移入させるということが必須になって来ます。皆さんも、面白い映画を見た際に、「気づいたら映画が終わっていた」「感動して泣いた」という経験があるかと思います。

 映画制作始めたてで、観客を泣かせよう、感動させよう。というのは難しい話だと思います。ですので、最低限、映画を見ているという客観的な姿勢にさせない。というのが大切です。

 画面の揺れや雑音などは観客に違和感を与えます。そして、その違和感が映画から観客を引き剥がす原因になるのです。

 では、どうすればいいのでしょうか。「見やすい映像を作ること」これが、映画に入り込ませるための方法です。詳しくは下の記事にまとめました。

✔︎テーマが伝わる事

 上の記事でも書きましたが、僕たち制作者側は、映画を制作する際テーマを設定します。このテーマ設定というのは最も大切な部分です。

 しかし、テーマを設定したら終わりというわけには行きません。そのテーマが観客に伝わるというのがゴールになります。 

 見る人によって考え方や感じ方は異なりますので、一言一句伝わる必要はないと思いますが、見ている側に、「〇〇を伝えたかったのかな?」と考えてもらえる作品作りが必要です。

 どうすれば、テーマが伝わるのでしょうか。脚本的な見せ方、カット割りでの見せ方など技術的な部分は置いといて、テーマを伝える基本は、テーマをしっかり決めることです。

 脚本を書く前にテーマを決めてあげる。そして、その軸を基準にストーリーやカット割りを決めていく。テーマを曖昧なままに進めていくと、あれを写したい、これを描きたいとブレてしまい最終的に何を伝えたい映像なのかわからなくなってしまうのです。

以上、「映画を作る上でのゴール」でした。この2点をまずはクリアすることが、映画制作において最も大切です。他にも映画制作に関する記事を書いていますので、ぜひ参考にして見てください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ