1. HOME
  2. BASIC
  3. 映画制作に生かす映画の見方
BASIC

映画制作に生かす映画の見方

BASIC, MOVIE MAKING

・今回は、

「映画制作をする上で、映画を見た際にどう言ったところに注視してみればいいのだろう」

といった疑問に答えていきます。


本記事の内容

  • 映画制作に生かす映画の見方
  • 骨組みの分析
  • 制作工程の分析

 この記事を書いている僕自身、映画制作を始めて5年目になります。自分の映画のスキルを磨くためにしてきたのが映画の分析です。映画は映画制作における一番の教科書です。見方さえしっかりすれば、学べるものが多くあるでしょう。

✔︎映画制作に生かす映画の見方

 まず、最初に言いたいのはその映画を最初に見る時、一回目は分析の目を持たずに楽しんで欲しいという事です。もちろん職業病的にカット割りや台詞に意識が向くのは仕方がありませんが、まずはその作品を楽しむ事が大切です。

 なので、これから書く映画の見方はぜひ、2回目の視聴から試して見てください。

✔︎骨組みの分析

 まず映画を見た際に考えて欲しいのは、その映画を通して監督ないし脚本家が何を伝えたかったのかという事です。映画の骨組みである「テーマ」をまずは考えてみる。

 もちろん、制作者に質問ができる訳ではないので、正解を知ることは難しいでしょう。ただ、台詞やカット割り、演技など彼らが残した手がかりを見つけ、紐解いてみる。その工程が大切なのです。

✔︎制作工程の分析

 「テーマ」の分析が終わったら、次に行うのがその「テーマ」を伝えるために制作者側がどういう制作工程をたどったのかという分析です。

 制作工程と言うとかなりアバウトですが、特に注視して欲しいのは、「どうしてそのようなストーリーにしたのか」そして、「どうしてそのようなキャラクターにしたのか」と言う2点です。

 制作者側の作戦を読み解く作業が終わったあとは批判も忘れずにしましょう。

 そのテーマを伝えるにあたって、「そのエンディングは物足りないのではないか?」「こう言うキャラクター設定の方がよかったのでは?」と言った具合です。自身の映画より良い出来なのは言わずもがなですが、批判は自身の成長において非常に大切です。

 分析、批判の後は、良い点もピックアップしましょう。ただ、ここが素晴らしいではなく、自分の作品と比べてみるのがいいでしょう。「キャラクター描写に関しては、こう言う部分が参考になる。」など、もう一度言いますが、映画は映画制作における一番の教科書です。

 以上、映画の見方でした。カット割りや音楽の使い方などは目に見えてわかる部分ですので、本記事では割愛しましたが、「そういうカット回しがあるのか」、「音楽はそのタイミングで流すのか」というを分析するのはもちろん大切です。

 自身の映画における課題を明確にしておけばこういった見方をすることで解決策のヒントにを見つけられることも多々あると思います。ぜひ、試して見てください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ