1. HOME
  2. LIFE
  3. たった3つの方法であなたのプレゼンは伝わる【伝わる話し方を解説!】
LIFE

たった3つの方法であなたのプレゼンは伝わる【伝わる話し方を解説!】

LIFE

・今回は、

「プレゼントとかで人にわかりやすく何かを伝えたり、教えたりするためにはどうすればいいのだろう」

といった疑問に答えていきます。


本記事の内容

  • 話をわかりやすく伝えるための3つの方法
  • 冒頭で引き込む
  • キーワードを置く
  • 具体例の多すぎはNG

 この記事を書いている僕自身、映画制作について人に教えるという機会が多くあります。その経験から伝わる話し方のコツを今回は紹介していけたらと思います。

✔︎話をわかりやすく伝えるための3つの方法

  • 冒頭で引き込む
  • 「キーワード」を置く
  • 具体例の多すぎはNG

 この3つの方法を解説して行きます。

✔︎冒頭で引き込む

 どんなに面白くて、わかりやすい話をしていても、聞く耳を持ってくれなければ意味がありません。ですので、まずは自分の話が相手に伝わる努力が必要です。話している途中で「面白い話ししてるじゃん」では遅いです。なので、冒頭で聞く人を引き込む。これが1つ目のポイントになってきます。

 引き込むためにはどうすればいいでしょう。この人の話は聞く価値がありそうだと思わせるのです。自分の実績や経歴も価値の1つですし、それらの紹介も1つの方法ですが、「話」以外のアプローチが一番いいでしょう。

 僕であれば、実際に自身の映像作品を見てもらう。目の前で演技をしてみる。といった具合です。

 これからこの人の話を聞くことで、自分がどうなり得るのかという将来像を想像させれる事が出来るからです。

✔︎「キーワード」を置く

 聞く人を引き込んだ後に大切になってくるのはもちろん話の内容です。まとまっていない話がNGなのは言うまでもないですが、一見まとまっているように思える話でも、小難しくてややこしい話であれば結局理解できません。そういった時に大切なのが「キーワード」を置く事です。

 話の核となる部分を端的なワンワードで表現してあげて、それを軸に話を進めてあげる。そうする事で、聞いている側もマインドマップのようにその「キーワード」を中心として話を理解できるはずです。

 冒頭の動画でのキーワードは「意味」でした。この場合、小学生に説明するためにかなりわかりやすいキーワードにしましたが、話をする相手によっては難しい「キーワード」を置いて、「ん?なにそれ?」と興味を持ってもらうことから始めるのも1つの手だと思います。

✔︎具体例の多すぎはNG

 具体例は相手がイメージをしやすいように使うものですので、 わかりやすい説明には具体例が必要です。しかし、同時に具体例には話からズレてしまうという危険性もあります。「結局何の話だっけ?」となってしまっては逆効果です。

 具体例は本当に必要な時に使う。具体例を使わずともイメージを持ってもらう事ができれば良いのです。そのためにも先ほど説明した「キーワード」を置く事が大切なのです。

 以上、プレゼンをわかりやすく伝えるための方法でした。是非、この3つを意識して話して見てください。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ