1. HOME
  2. BASIC
  3. より良い映像を作るために【映像制作におけるスキルアップ法】
BASIC

より良い映像を作るために【映像制作におけるスキルアップ法】

BASIC, MOVIE MAKING

・今回は、

「いい映像を作れるようになるために必要なことってなんだろう?」

といった疑問に答えていきます。


本記事の内容

  • 映像制作におけるスキルアップ法
  • たくさんの作品を作る事
  • いろんな作品を作る事

 この記事を書いている僕自身も映画制作を始めて5年目になります。今回は、僕自身がより良い映像作品を作るために気をつけてきた事をベースに記事にまとめてみました。

✔︎映像制作におけるスキルアップ法

 最初にこのスキルアップ法について言ってしまうと、それは「作品を作る事」です。

 ただ作品を作るだけではありません。「たくさんの作品を作る事」そして、「いろんな作品を作る事」が大切になってきます。

✔︎たくさんの作品を作る事

 映像を作る上で、youtubeで動画をみて勉強したり、本を買ってみたりすることも大切ではありますが、成長において一番大切なのはアウトプット、つまり作品を作ることです。まずは、できるだけたくさんの作品を作りましょう。

 そして、作品を作る毎に他の人に見せて意見をもらい、改善していくことが大切です。

✔︎いろんな作品を作る事

 映像と一言に言ってもyoutubeにあげるような動画や映画、ドキュメンタリー、Vlogなど色々なジャンルがあります。自分が最終的にどんな映像を作りたかったとしても、いい映像を作れるようになるには、いろんな作品を作ることが大切だと思っています。

 それぞれのジャンルにはそれぞれ特徴があります。youtubeなどであれば、見やすい字幕や飽きさせないテンポ。映画であれば、感情を巻き込むための緩急や、カラーグレーディング。Vlogであれば、変化に富んだトランジションやテンポの良さなどです。

 いろんな作品を作ることで、それぞれの特徴や必要な技術が身につきますし、それは他の映像作品を作る上でも役に立ってきます。

以上、映像制作におけるスキルアップ法でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ