1. HOME
  2. BASIC
  3. 映画を作る上で揃えるべき機材の順番【映像制作の手引き】
BASIC

映画を作る上で揃えるべき機材の順番【映像制作の手引き】

BASIC, MOVIE MAKING

・今回は、

「映画制作にはどんな機材が必要?優先度は?」

といった疑問に答えていきます。


本記事の内容

  • 映画を作る上で揃えるべき機材の順番

 この記事を書いている僕自身も映画制作を始めて5年目になります。自主制作映画、学生映画であれば予算があまり無いことが多い上に、撮影機材も高額ですので、何から買うべきなのかという部分で悩む方も多くいるかと思います。今回はそういった揃えるべき機材の優先順位についてまとめました。

✔︎映画を作る上で揃えるべき機材の順番

・カメラ

 当たり前ですが、まずはカメラがなければ話になりません。

 上の記事で詳しく書きましたが携帯のカメラや手持ちのビデオカメラなどでも十分です。まずは、動画を撮ることができるデバイスを何かしら用意しましょう。

 カメラを買いたくなる気持ちはよくわかりますが、カメラを新調するのは優先順位的に低いことを覚えておいてください。

・三脚

 次に揃えるべきなのは三脚です。手持ちで撮影することも可能ですが、固定の絵を入れて行くこともいい絵作りの一歩です。

・編集ソフト

 カメラ、三脚があれば最低限の映画は作れます。ですので編集ソフトを用意しましょう。これも無理に高いものを買わずとも無料で良いソフトはたくさんあります。

  • おすすめの編集ソフト(無料)

Mac

  • iMovie
  • Davinci Resolve

Windows

  • Davinci Resolve
  • ムービーメーカー

スマートフォン  

  • iMovie
  • Adobe spark post
  • Viva video
  • inShot
  • キネマスター

 ※ここからは少し上級者向けとなってきます。

 

・マイク

 マイクを揃える前にカメラを新調したり、有料の編集ソフトを検討するのも一つの手です。一度映画を作ってみた上で自身の映像をよくするために必要な要素について考えて決めましょう。

 音質というのは映画制作においてはとても重要です。カメラのマイクではなくマイクを使うだけでかなり変わってくると思います。

 マイクをカメラ上部につけるだけでも良いですし、余裕があればマイクブームポール棒も揃えましょう。

・照明、ジンバル

 先ほど行ったように、自分自身で自身の映像をよくするために必要な要素について考えて決めるのが大切です。映像のブレをどうにかするべきであればジンバルを、映画らしい絵作りを目指すのであれば照明を。といった具合です。

 自身の映像をよくするためにどんな機材が良いのか質問等あれば下のコメントまでお願いします。以上、映画を作る上で揃えるべき機材の順番でした。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ