1. HOME
  2. LIFE
  3. 僕が映画を作り始めてから今まで
LIFE

僕が映画を作り始めてから今まで

LIFE

本記事の内容

  • 僕が映画を作り始めてから今まで

 この記事では、僕自身がどうして映画制作の道に進もうと思ったのかを記事にしてみました。

✔︎僕が映画を作り始めてから今まで(高校生)

 上の記事で「映像部門」を作り、映画制作を始めました。というところまでお話ししましたので、今回はその続きから書いていきます。

 放送部の大会について軽く説明すると、年二回の大会があります。全国大会まであるNHK杯と、九州大会までの九州高校放送コンテストです。それぞれ佐賀予選があり、上位入賞者が上位大会に進出するという仕組みです。

 映像部門を作り本格的に映画制作を始めたとはいっても映画制作のノウハウも何も知らない状態でしたので、インターネットでいろいろ調べながら試行錯誤を繰り返していました。秋にある九州大会までにやっと1作品目を完成させ、なんと最初の大会で佐賀県で最優秀賞をいただきました。応募数が少ないというのももちろんありますが、自分でもかなり驚きましたし、自分の作品が評価された事で一気にモチベーションも上がりました。

 九州大会では予選落ちでしたが、自分の作品の改善点を見つけだし、他の作品を参考にしながら作品作りに勤しみました。

 2年生春のNHK杯でも佐賀県では最優秀賞、全国大会で予選落ちという結果でした。自分としてはかなりいい作品を作ったという自負もあったのでかなり悔したと同時に、来年はこのステージに上がるぞと決意をしました。

 ですが、どうしたら良い作品になるのか何が面白いのか、作りたい作品や求められている作風など悩み、2年生秋の佐賀県大会では5位、九州大会出場枠には入っていたものの以前までの結果に比べれば散々なものでした。

 そのどん底から「自分らしい作品を作ることは曲げずにいこう」と決め、三年の春最後の大会では佐賀県大会での優勝、全国大会で三位という結果でした。

 この頃になると、周りの先生や生徒から認知されることも増え、文化祭の映像や学校紹介の映像、先生の結婚式の余興などを作る機会が増えていきました。自分の映像やスキルが人の役に立つんだと実感し、改めて人生を通してこの映像制作の道を歩こうと思ったきっかけになりました。

 以上が、僕が映画を作り始めてから今までです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

高山凱(たかやま かい)
■19歳/ 映画、映像制作
■早稲田大学二年 文学部 演劇映像コース
■From.H映像制作チーム 代表

◎映像制作の依頼は気軽にご連絡ください。
  →依頼は一切お断りしません。
◎映像制作に興味ある方募集中!

ピックアップ